読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuemeSublog

Don't Feed Wild Animals !

カモ:頭部に矢 兵庫で保護

カモ:頭部に矢 兵庫で保護
http://mainichi.jp/shimen/news/20151030ddm041040168000c.html
f:id:sueme:20151031115515j:plain

市によると、28日午後3時半ごろ、「矢の刺さったカモとガンの2羽が泳いでいる」と通報があり、職員が駆け付けたところ、矢(長さ約10センチ)が頭部を貫通しているカモ1羽を発見。もう1羽は確認できなかった。

関連記事:
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151030-OYT1T50031.html
http://www.sankei.com/west/news/151030/wst1510300022-n1.html
http://www.asahi.com/articles/ASHBY72SPHBYPIHB04G.html
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/article/204034

こういう被害にあうのは、人間からエサをもらうことに慣れてしまって、人間を警戒しなくなってしまった野鳥であることが多いです。
昆陽池での餌付けについては以前にも心配したけど(参考:2014-01-10 渡り鳥飛来で水辺にぎわう 伊丹・昆陽池)、伊丹市のホーム・ページ(昆陽池)をみると、たしかに「えさを与えないでください」とは書いてあるのだが、まあどうみてもエサをやって集まってくる水鳥を楽しむ構造になっているので、まだエサやりは行われているのではないか?と想像します。
私の地元でエサやりが無くなった場所では確実にオナガガモの数は減っているので、オナガガモのいるところにエサやりあり!という偏見を持っているのですが、そうすると、どうも理解できないのはもう一羽の被害者であるらしいコクガンです。ほんとうに天然記念物コクガンなんでしょうか? 続報を待ちたい。