読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuemeSublog

Don't Feed Wild Animals !

コミミズク、渡良瀬遊水地に越冬飛来

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170107/2562667 藤岡町の渡良瀬遊水地にフクロウ科のコミミズクが越冬のため飛来し、撮影しようと多くの野鳥愛好家らが集まっている。 愛嬌(あいきょう)のある顔のコミミズクを写真に収めようと、関…

チフチャフ 珍鳥、北関東に飛来か

チフチャフ 珍鳥、北関東に飛来か http://mainichi.jp/articles/20170105/ddl/k11/040/230000c ◯◯町の会社員、◯◯さん(68)が、埼玉や栃木など4県にまたがる◯◯遊水地周辺で、チフチャフとみられる鳥を写真に収めた。日本では、めったに観察できない珍鳥と…

シロフクロウ2羽からも“高病原性” (秋田県)

http://www.j-cast.com/2016/11/29284724.html 秋田市の大森山動物園で死んだシロフクロウ2羽から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。死んだコクチョウから検出されたものと同じ型でした。 1万6500羽の食用アヒル(フランス鴨)や31万羽…

ソデグロヅル、鶴居に3羽飛来 世界で3800羽の希少種

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0338538.html 生息数が世界で3800羽ほどしかいないとされる希少種のソデグロヅル3羽が、釧路管内鶴居村に飛来した。刈り取り後の飼料用トウモロコシ畑では、国の特別天然記念物タンチョウの…

クロツラヘラサギ、豊見城に3羽飛来 野鳥関係者に愛着ある個体も

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70492 冬の訪れを告げる渡り鳥クロツラヘラサギ(絶滅危惧種)3羽が、豊見城市与根の遊水池に飛来し羽を休めている。このうち1羽には、J15の標識が付いており、2008年に農薬が原因で衰弱し保護された後、…

珍しいムシクイを見つけた小学生へ

アフリカで越冬の珍鳥キタヤナギムシクイ ◯◯小6年生が撮影 http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=80055 南さつま市の◯◯小学校6年、◯◯君が、国内への飛来が極めて珍しいキタヤナギムシクイの撮影に成功した。見つけたのは10月29日午前…

釣り糸絡まり、翼骨折した絶滅危惧種の渡り鳥保護 鳥取・米子水鳥公園

http://www.sankei.com/west/news/161031/wst1610310115-n1.html 鳥取県米子市の米子水鳥公園で31日、世界的に希少な渡り鳥「クロツラヘラサギ」が負傷し飛べなくなった状態で保護された。くちばしに釣り糸が絡まっていたほか、左の翼を骨折しており、米子…

ヒメクイナ、サバクヒタキ

久振りに珍鳥ニュースを二つほど。 野鳥ヒメクイナを福井県内で確認 57年ぶり、写真愛好家が姿とらえる http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/107888.html 野鳥「ヒメクイナ」が福井県嶺北地方でこのほど見つかり、福井市の写真愛好家、○○さん…

鳴き声が美しい「メジロ」密猟・飼育が横行!1羽500万円の高値取り引き

鳴き声が美しい「メジロ」密猟・飼育が横行!1羽500万円の高値取り引き http://www.j-cast.com/tv/2016/06/10269267.html 密猟が横行するのは高値で取り引きされるためだ。鳴き声の美しさを競う大会は「鳴き合わせ会」と呼ばれ、3分間でメジロが鳴いた回数で勝…

冬鳥ジョウビタキの国内繁殖地拡大か

冬鳥ジョウビタキの国内繁殖地拡大か… 鳥取・大山でヒナ12羽確認 http://www.sankei.com/west/news/160608/wst1606080027-n1.html 鳥取県大山町の大山で、初めて冬鳥ジョウビタキの雌雄2組が繁殖し、ヒナ計12羽の巣立ちが確認された。ジョウビタキは本…

野鳥「オオルリ」を違法飼育

野鳥「オオルリ」を違法飼育、容疑で店主逮捕「獲り子」も http://www.sankei.com/west/news/160610/wst1606100021-n1.html 飼育が認められていない野鳥「オオルリ」1羽を飼育していたとして、兵庫県警生活環境課などは9日、鳥獣保護法違反容疑で、同県尼…

ウミガラス34羽確認 天売島 海鳥センターHPで映像公開

ウミガラス34羽確認 天売島 海鳥センターHPで映像公開 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0277600.html 絶滅が危惧される天売島のウミガラス(オロロン鳥)の営巣地内の映像が今年も北海道海鳥センターのホームページ(HP)で公開されて…

「幸せの青い鳥」オオルリが高知県香南市で大胆な子育て

「幸せの青い鳥」オオルリが高知県香南市で大胆な子育て https://www.kochinews.co.jp/article/24664/ 高知県香南市の高知県立のいち動物公園で、職員用通路の壁沿いにオオルリが巣を構え、つがいで子育てに励んでいる。人の行き来がある場所だけに、「大胆…

フクロウのヒナ保護 今年も1羽やって来る 篠山市県守の細見さん

いいのか?これフクロウのヒナ保護 今年も1羽やって来る 篠山市の細見さん http://tanba.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=2518 「つぶらな瞳に癒されます」。フクロウのヒナに目を細める細見さん 篠山市の細見さんは、自宅でフクロウのヒナ…

珍客コウノトリ飛来 兵庫からはるばる長万部へ

珍客コウノトリ飛来 兵庫からはるばる長万部へ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0274788.html 足輪がついていることから、兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)が放鳥したものとみられ、同公園は「北海道まで飛来するのは非常に珍しい」と驚…

庭で鳥の巣を見つけたのでカメラを仕掛けた

庭で鳥の巣を見つけたので、卵がかえるところを見ようとカメラを仕掛けた結果が予想外 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1605/17/news040.html 上記のねとらぼ生物部で知った動画です。https://www.youtube.com/watch?v=uzHwsW5EVvw最初は、こら!抱卵…

フクロウ再び空へ 釣り糸でけが

フクロウ再び空へ 釣り糸でけが 直方市で1カ月ぶり放鳥 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/246379 直方市畑の福岡野生動物保護センターは18日、保護していたフクロウの成鳥1羽を、同市永満寺の福智山ろく花公園近くで放した。嘉麻市…

県内飛来初確認か 野鳥「メリケンキアシシギ」

県内飛来初確認か 野鳥「メリケンキアシシギ」 小高の海岸で撮影 https://www.minpo.jp/news/detail/2016051730978 日本野鳥の会南相馬支部長の◯◯さんはシギ科の「メリケンキアシシギ」とみられる野鳥を南相馬市小高区村上地区の海岸で撮影した。 野鳥の会関…

北極温暖化でシギが小型化、南半球でも生存不利に

北極温暖化でシギが小型化、南半球でも生存不利に http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/051600169/ たいへん勉強になりました。要点をまとめます。 渡りのルート上でカブトガニの卵など主要なエサが減少している 温暖化で雪解けが早まったため、ヒナ…

ヤツガシラの飼育方法 新聞で募集

ヤツガシラの飼育方法 新聞で募集 http://japanese.cri.cn/2021/2016/05/23/181s249768.htm 3日前の夕方、北京・六里橋に住む宮さんは、巣から落ちたヤツガシラのひな鳥を見つけました。何かを食べさせようと、ミミズやコガネムシを与えましたが、一向に興味…

我孫子市鳥の博物館 野生のフクロウのヒナ誕生

先月から注目していた我孫子市鳥の博物館で観察しているフクロウの巣箱、よく見たら30日に1羽、1日に2羽目が孵化してた。 →ふくろう巣箱カメラブログによる報告→とりはく自然通信 » 2羽目のフクロウのヒナの姿が確認できましたまだ小さくて最初、生き物かど…

猛禽カメラマンから希少植物を守る

2014/08/11伊吹山保全活動 伊吹山ドライブウェイ沿道 踏込み防護ネットの補修&のフランスギク駆除試験地植生調査2015/04/29伊吹山保全活動 東登山道の雪害による登山道整備 ドライブウェイ山頂駐車場手前のガードレール外側には、多くの猛禽類観察者が見ら…

円山動物園にクマゲラ営巣

円山動物園にクマゲラ営巣 http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20160423-OYTNT50028.html 国の天然記念物のクマゲラが、札幌市の中心部にある市円山動物園のアカマツの幹に巣を作り、つがいで飛来している。森林に生息するクマゲラが、街中で営巣するの…

県庁にハヤブサベビー 先月16日産卵

県庁にハヤブサベビー 先月16日産卵(中日) http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20160421/CK2016042102000042.html 県庁舎(金沢市鞍月)の高層階ベランダで巣作りしている絶滅危惧種のハヤブサの卵から五羽のひながかえった。 初めて産卵を確認…

野生フクロウ 繁殖始まる HPで24時間ライブ映像

野生フクロウ繁殖始まる HPで24時間ライブ映像 我孫子市鳥の博物館「親子の成長見守って」 /千葉 http://mainichi.jp/articles/20160415/ddl/k12/040/151000c 我孫子市鳥の博物館(同市高野山)が市内の森に設置している巣箱で、野生のフクロウの繁殖が…

マガン迫力4万羽 美唄・宮島沼

マガン迫力4万羽 美唄・宮島沼 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0258986.html 市内の宮島沼で、渡り鳥のマガンが今年も見ごろを迎えている。4万羽を超えるマガンが早朝に一斉に飛び立つ「ねぐら立ち」と夕方に帰ってくる「ねぐら入り」は圧巻…

幻の鳥...「ミゾゴイ」確認

幻の鳥...「ミゾゴイ」確認 福島で8年ぶり、絶滅危惧1類指定 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160414-065852.php 絶滅の恐れがあるサギ科の渡り鳥「ミゾゴイ」が13日、福島市小鳥の森で確認された。小鳥の森で確認されたのは2008(平成20…

黒い羽根に白いくちばし…オオバン、琵琶湖で“爆増”

黒い羽根に白いくちばし…オオバン、琵琶湖で“爆増” http://www.sankei.com/region/news/160406/rgn1604060025-n1.html 琵琶湖は国内最大の“越冬地”-黒い羽根の水鳥・オオバン過去最高、9年前の4倍超 滋賀県調査 http://www.sankei.com/west/news/160406/w…

カラス駆除に天敵タカ

カラス駆除に天敵タカ http://www.yomiuri.co.jp/local/yamagata/news/20160405-OYTNT50273.html 山形市は、市街地で年々増えるカラスに対処するため、天敵のタカを使った追い払いを試験的に実施する。山形花笠まつりの前を狙い、電線に群れをなして止まるカ…

県警本部に珍客 アオバズクが「出頭」

県警本部に珍客 アオバズクが「出頭」 http://ryukyushimpo.jp/photo/entry-252964.html 県警本部に「珍客」が現れた-。7日朝、正面玄関上に、フクロウ科のアオバズクがいるのを出勤した職員が見つけた。夜行性のためか昼間は動かなかったが、時折目を開き…

単語から文をつくる鳥類の発見

【プレスリリース】『単語から文をつくる鳥類の発見』 https://www.soken.ac.jp/news/25972/ 実験結果.シジュウカラは「ピーツピ」を聞くと首を水平に振り周囲を警戒し(A),「ヂヂヂヂ」を聞くと音源に近づく(B).組み合わせ音声である「ピーツピ・ヂヂ…

校舎衝突?オオタカ保護 西条農高

校舎衝突?オオタカ保護 西条農高 http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160308/news20160308735.html http://www.47news.jp/localnews/hotnews/2016/03/post-20160309092035.html 西条農高によると、8日午前10時ごろ、校舎前に「ドーン」という音が響…

いいかげんコブハクチョウをニュースにするなよ

「あれ、くちばしが何か違う?」 ハクチョウ飛来、福島で話題集める http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160304-054928.php 「あれ、くちばしが何か違う?」。ハクチョウの飛来地として知られる福島市のあぶくま親水公園に3日、変わったハクチョウが飛…

手に乗りえさ食べる野鳥が人気

手に乗りえさ食べる野鳥が人気 豊岡の喫茶店 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008833200.shtml 兵庫県豊岡市の喫茶店で、手のひらのピーナツを食べに飛んでくる野鳥のヤマガラが話題となっている。多いときは5、6羽が近くの木に集まり、順番…

アトリの大群

冬鳥「アトリ」の大群が飛来 鹿沼 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160213/2233463 鹿沼市南部の奈佐原町や大和田町で冬鳥「アトリ」の大群が飛来し、田んぼで餌をついばんでいる。12日にも、群れとなった鳥影が竜巻のようにも見え、偶…

絶滅危惧種のコマホオジロ、70余年ぶりに確認―北京市

絶滅危惧種のコマホオジロ、70余年ぶりに確認―北京市 http://www.recordchina.co.jp/a128446.html 2016年2月4日、中国・北京市で先月、絶滅危惧種のコマホオジロが70余年ぶりに確認された。京華時報が伝えた。 コマホオジロはかつて、ロシア、北朝鮮、モンゴ…

ニシオジロビタキ

数年に1羽飛来の珍鳥 加東で2年連続確認 http://www.kobe-np.co.jp/news/hokuban/201601/0008721849.shtml ユーラシア大陸から日本へ、数年に1羽程度しか飛来が確認されない渡り鳥ニシオジロビタキの雄1羽が県立播磨中央公園(兵庫県加東市下滝野)内で…

珍客白いカルガモ発見

珍客白いカルガモ発見 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20151209222461.html 数多くの白鳥が飛来することで知られる柏崎市西山町の長嶺大池で、珍しい白いカルガモが発見され話題になっている。近くの住民が見つけ、市に連絡した。9日に確認した…

滋賀県長浜のオオワシ

越冬オオワシ、羽休め 長浜に飛来 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015120902000077.html 国の天然記念物オオワシが八日、ロシアから越冬のため滋賀県長浜市の山本山に今季初めて飛来した。(中略)オオワシは一九九一年から毎年飛来し、今…

巨大マガモ

巨大マガモ http://www.the-miyanichi.co.jp/horou/_15998.html 宮崎市◯◯町の◯◯さんは、体長73センチ、重さ2・3キロの鳥を同市糸原の大淀川沿いで撃ち落とした。雄のマガモとみられるが「狩猟歴40年だが、こんな大きさは初めて」と驚く。 なにこれ!で…

4年ぶりに飛んできた 邑知潟にサカツラガン

4年ぶりに飛んできた 邑知潟にサカツラガン http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20151107/CK2015110702000043.html 邑知潟はコハクチョウの越冬地として知られ、現在は600羽が確認されている。サカツラガンはコハクチョウの群れの中で餌をつい…

カモ:頭部に矢 兵庫で保護

カモ:頭部に矢 兵庫で保護 http://mainichi.jp/shimen/news/20151030ddm041040168000c.html 市によると、28日午後3時半ごろ、「矢の刺さったカモとガンの2羽が泳いでいる」と通報があり、職員が駆け付けたところ、矢(長さ約10センチ)が頭部を貫通し…

ミヤマホオジロ:隠岐で繁殖確認 国内3例目

ミヤマホオジロ:隠岐で繁殖確認 国内3例目 http://mainichi.jp/area/tottori/news/20151007ddlk31040569000c.html 中国東北部や朝鮮半島で繁殖し、日本で越冬する野鳥「ミヤマホオジロ」が島根県の隠岐諸島で繁殖していることが環境省の委託調査で分かった…

ムラサキサギ飛来 米子・水鳥公園に13年ぶり

ムラサキサギ飛来 米子・水鳥公園に13年ぶり http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=555196179 ムラサキサギ:米子に珍客、飛来 /鳥取 http://mainichi.jp/area/tottori/news/20151003ddlk31040643000c.html 鳥取県米子市彦…

ハクチョウの餌付け始まる

ハクチョウの餌付け始まる 阿賀野・瓢湖 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20151007209800.html 1日にハクチョウが飛来した阿賀野市の瓢湖で、今シーズンの餌付けが4日に始まった。鳥を呼び寄せる独特の「こーい、こい、こーい」の掛け声が秋…

高浜の上空飛ぶ白いトビが話題に

高浜の上空飛ぶ白いトビが話題に 突然変異で色素抜けたか幼鳥か http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/79311.html 福井県高浜町内浦地区で、突然変異でメラニン色素が抜けたとみられる白っぽいトビが飛んでいる姿が見られ、住民らの話題になって…

ハトかと思いきや…白いカラス!

ハトかと思いきや…白いカラス!/三豊で話題に http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20150710000206 日本鳥類保護連盟専門委員の岡さんによると、このカラスはハシボソガラス。カラスの生態に詳しい宇都宮大農学部の杉田教授は、色素を作る遺…

アカショウビン保護 「火の鳥」とも呼ばれる渡り鳥

珍鳥 アカショウビン保護 「火の鳥」とも呼ばれる渡り鳥 http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150926/CK2015092602000129.html 赤く太いくちばしと、赤みがかった全身から「火の鳥」とも呼ばれる夏の渡り鳥アカショウビンが、川崎市中原区の馬場総…

石垣島に続々渡り鳥が飛来 国内数例のカタグロトビも

石垣島に続々渡り鳥が飛来 国内数例のカタグロトビも https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=134280 「石垣島フィールドガイドSeaBeans」の小林さんは3日にイワミセキレイを観察、その後に複数羽の渡来を確認した。5日にはヤツガシラとハ…

住宅街のチゴハヤブサ2

"住宅街のチゴハヤブサ2"と、"2"をつけましたけど、"1"はどこじゃっていうと、それは今を遡ることおよそ1年前の記事です→住宅街のチゴハヤブサ(2014.09.03)。 自宅のすぐそばのハシボソガラスの古巣を利用していたチゴハヤブサの話で、"来年はもう少し…