SuemeSublog

Don't Feed Wild Animals !

米子水鳥公園で“珍鳥総選挙” 確認された珍しい鳥の人気競う

米子水鳥公園で“珍鳥総選挙” 確認された珍しい鳥の人気競う
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20230201/4040014194.html

米子市の米子水鳥公園で、これまでに確認された珍しい鳥の人気を競う「珍鳥総選挙」と名付けたイベントが、2月1日から始まりました。

これは評価基準が難しいなあ。たとえば……

黒い顔としゃもじのようなくちばしが特徴の「クロツラヘラサギ」は、公園には毎年のように飛来していますが、世界的には絶滅の危険性が高い鳥だということです。

パネルに「世界的希少種だけどレギュラー!」とあるように、たしかに珍鳥なのだが毎年やってくる米子にしてみれば珍しくないともいえる。

林の中に住む「アオバト」は「ポアーオ」などという特徴的な鳴き声は聞こえてもその姿はめったに見ることができず、水鳥公園で写真におさめたのは貴重だということです。

逆に米子では珍しいのかもしれないが、私は毎シーズン近隣でアオバトを見ている。少なくとも声は毎年聞いている。

投票した米子市の70代の男性は「『ソリハシセイタカシギ』に投票しました。白と黒のツートンカラーとくちばしの角度がいいと思いました」と話していました。

これはナイスな選択。どこであっても珍鳥だし、見た目も変わっていていかにも珍鳥ってかんじ。

関連記事⇩
鳥取・米子で「珍鳥総選挙」 当選“鳥”は来年のカレンダーに
www.sankei.com

北方領土周辺は海鳥の宝庫…「大収穫でした!」バードウオッチャーが歓声「本土最東端パノラマ・クルーズ」

北方領土周辺は海鳥の宝庫…「大収穫でした!」バードウオッチャーが歓声「本土最東端パノラマ・クルーズ」
北方領土周辺は海鳥の宝庫…「大収穫でした!」バードウオッチャーが歓声「本土最東端パノラマ・クルーズ」(HBCニュース北海道) - Yahoo!ニュース
youtu.be

根室市では、北方領土を間近にのぞむ海で、バードウォッチングなどを楽しむ「パノラマ・クルーズ」が3年ぶりに復活し、人気を呼んでいます。(中略)クルーズ再開を心待ちにしていた野鳥ファンが、目を凝らすと…額から角のような冠羽が突き出ています。「エトロフウミスズメ」のようですが、珍しいので図鑑で確認します……

鳥亀爺たちがたくさん乗っている。いいなあ、寒そうだけど。でも万が一沈没したらイヤだから、きっと行くことはないだろう。

多摩川のヒメハジロ

多摩川に珍しいお客様 ヒメハジロ飛来
https://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20221223-OYTNT50376/

多摩市の多摩川に、北米に生息するカモ科の「ヒメハジロ」が訪れ、大勢の写真愛好家らが撮影に訪れている(中略)23日も河川敷にはカメラの列ができ、シャッター音を響かせていた

多摩川に珍しい渡り鳥「ヒメハジロ」が飛来しています
https://tamapon.com/2022/12/24/himehajiro/

2022年12月初旬ごろからアメリカ生息の渡り鳥「ヒメハジロ」が多摩川に飛来しているとの情報を聞きつけ、12月12日に現場に行ってきました。

ヒメハジロは珍鳥で、当グログで拾ったニュースも過去数回しかないと思います。しっかしあれだよなー、いなくなってから記事にしろよなー、っとか思うのですが、ツイッターでヒメハジロで検索すると、「例のヒメハジロ見に行ってきましたー」「そろそろカメラマン少なくなったかなと思って行ってきましたー」というツイートが並んでおり、上の記事よりもよっぽど鮮明できれいな写真を見ることができます。ま、いっか。だんだんめんどくさくなってきた。

セグロセキレイ 変な鳥!? 正体は白変種

セグロセキレイ 変な鳥!? 正体は白変種 /鳥取
https://mainichi.jp/articles/20221221/ddl/k31/040/298000c

妙な配色に「誰だこれ?」と見た目だけでは正体を突き止められませんでした。悩んでいたら、鳴き声で当の本人(本鳥?)が名前を教えてくました。「ジュジュ!ビビ!」と濁った声を披露したのです。ハクセキレイは「ピピッ、ピピッ」と澄んだ声で鳴き、キセキレイは「チチン、チチン」と鋭い声で鳴き、セグロセキレイは濁った声で鳴くので、この鳥はセグロセキレイだと判明しました。

普通によくみるハクセキレイセグロセキレイの違いは、名前からして背中が黒いのがセグロセキレイと思ってしまいますが、ハクセキレイも夏羽は背中がけっこう黒いので(冬はやや灰色)、実際には「頬」が黒いのがセグロセキレイ、白いのがハクセキレイと覚えておくとよろしい(名前ホホグロセキレイにしときゃよかったのに)。しかし、こんな部分白色化固体が現れると、たしかにややこしいですね。そこで「鳴き声」が決め手とは! たいへん勉強になりました。

名張川に珍客 白いカルガモ

名張川に珍客 白いカルガモ 遺伝子の突然変異か
https://www.iga-younet.co.jp/2022/12/11/67428/

さまざまな鳥がえさを求めて飛び交う三重県名張市名張川に、珍しい白いカルガモが飛来した。通常の黒褐色のカルガモ15羽ほどと一緒に動き回り、辺りを見回したり、水中に顔を突っ込んだりと愛らしい姿を見せていた。

なんだか白化個体専門サイトのようになってきました。これまで、スズメ、ツバメ、カラスといった身近な野鳥の白化個体ニュースを集めてきましたが、身近でたくさんいるからこそ、白化個体が発見される頻度も多いのだと思います。しかし、カルガモも身近な野鳥なのに、そういえば白化個体は初めて見たような気がします。

一定の確率で現れるが、自然界では目立ちすぎ、敵に襲われやすく生存率が低いという。

たいてい白化個体のニュースには、このような文言がつくのがおきまりですが、僕はそのエビデンスを見たことがないし、同一個体が何年も続けて目撃されることもあるので、案外そんなことはないんじゃないかなあと、密かに思っています。

真っ白なのにアオサギ⁉

真っ白なのにアオサギ⁉ 宮古島で確認、沖縄県内で初 色素の少ない白変種か
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1627272.html

「白いのでダイサギかと思ったが、そうであれば黄色いはずのくちばしと黒いはずの足が両方ピンク色だったので驚いて撮影した」と振り返る。

野鳥の白化個体のニュースを集めていますが、アオサギは初めてのような気がします。たしかに、ダイサギかと思っちゃうかも。でも、なんか変だなあって思うかな、やっぱり。

「こーい、こいこーい」という独特な掛け声で白鳥を呼ぶ「白鳥おじさん」が瓢湖で餌やり

「こーい、こいこーい」という独特な掛け声で白鳥を呼ぶ「白鳥おじさん」が瓢湖で餌やり
https://www.niikei.jp/552039/

餌やりで撒くパンの耳は、新潟市内にある有志のパン屋から提供されていて、火曜日と水曜日を除いた毎日9時・11時・15時に刻んだものを散布している。

まだやってるのか、というのが正直なところ。しかもパンの耳だし。時代の流れを感じてほしい。

仲良く寄り添うペア 全身がオレンジ色に

仲良く寄り添うペア 全身がオレンジ色に 沖縄・石垣島
https://www.asahi.com/articles/ASQCB671DQCBDIFI017.html

アカツクシガモは県内への飛来がごくまれな珍鳥で、体長60センチを超える。体全体が橙赤(とうせき)色、頭の部分が淡色。主にユーラシア大陸中央部で繁殖、朝鮮半島に南下し、越冬する。

これはとてもよい写真ですね。雌雄ペアの構図もよいし色合いもよく出ています。動物園などではよく見るのですが、野鳥としては見たこと無いなあ。

珍鳥「ヨーロッパヨシキリ」日本国内で初確認

珍鳥「ヨーロッパヨシキリ」日本国内で初確認 アフリカで越冬するはずが、なぜか鳥取
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/194283

ヨーロッパや西アジアで繁殖する野鳥「ヨーロッパヨシキリ」が、日本で初めて鳥取県米子市内で観察記録され、日本鳥学会誌に掲載されました。(中略)捕獲当時は種類が分からず、翼の長さやくちばしの長さなど、各部位の長さや体重を計測・撮影した結果、ヨーロッパヨシキリと判断。

こんなの目の前にいたとしても、なんだオオヨシキリか、で終わってしまう。いや、実際これまで日本に入っていたとしても、それで見過ごされていたことも多々あるんだろう。これは専門家が捕獲したのを見て違和感を覚え、いろいろと計測した結果、だからこそ分かったのだと思う。

いや、それでもね、僕はかねてから、すんごく細かい形態の違いだけを手がかりに、これはヨーロッパ○○だね、っとか言ってるベテランバーダーたちに、言いたいことがある。あの超詳しい○○さんが言ったからこれはヨーロッパ○○で間違いない、みたいな鑑別の基準になってしまっている、各地域に点在するベテランバーダーたちのことだ。○○さんが言ったからという、形態だけを手がかりにした個人の主観が鑑別の基準になってしまっている、これって全くもって非科学的な話じゃないか? SNSでもそうだ、トウネンの群れの中にヨーロッパトウネンが○羽混ざっていました、とか言いながら写真をあげて、自分はめっちゃ鳥に詳しいってアピールしているそこの君! 君がヨーロッパトウネンと言ったその個体の何羽かは、たぶん、いや、ぜったい普通のトウネンだぞ、俺は君がDNAでも調べない限り、ぜったいに信じないね!

しかし、ヨーロッパヨシキリは、国内で確認された記録がないため、千葉県にある山階鳥類研究所でDNA分析を行い、その結果、ヨーロッパヨシキリだということが分かりました。

信じます!