SuemeSublog

Don't Feed Wild Animals !

狭山丘陵にミゾゴイ 絶滅危惧Ⅱ類 /埼玉

狭山丘陵にミゾゴイ 絶滅危惧Ⅱ類 /埼玉
https://mainichi.jp/articles/20190911/ddl/k11/040/142000c
f:id:sueme:20190914204736j:plain

世界的に希少な鳥で環境省が絶滅危惧Ⅱ類に指定しているサギ科の渡り鳥「ミゾゴイ」の幼鳥が8月22、23の両日、都心からわずか30キロしか離れていない丘陵地で撮影された。

さすが元毎日新聞記者だけあって、鮮明ですばらしい動画です。20秒あたりで、身体をひねるようにして振り返るのがとてもおもしろい。

南海の珍鳥、掛川で発見 台風10号が運んだ可能性も

南海の珍鳥、掛川で発見 台風10号が運んだ可能性も
https://www.at-s.com/news/article/local/west/670921.html
f:id:sueme:20190820082217j:plain

マリアナ諸島小笠原諸島などの南海に生息する珍鳥「セグロアジサシ」が掛川市の民家で発見されたことが18日までに、分かった。台風10号による影響で運ばれてきた可能性がある。(中略)16日朝、同市に暮らす主婦の○○さん(75)が自宅敷地内でうずくまっているセグロアジサシを見つけた。近所に暮らす鳥好きの△△さん(90)が引き受けて水をあげるなど世話をしていたが、17日午前に死んだ。△△さんは「何とか元気にできないかと頑張った。どうにもできなかった」と声を落とし、セグロアジサシを優しく抱えた。

近所の鳥好き90歳の爺さんでもなんとかできなかったニュース、うーん、なんか変なの。台風で迷鳥となることが多いようですが、南日本での記録が多く、たしかに本州では珍しいようです。あんまり関係ない近況報告になりますけど、そういえば先日浜辺でハジロクロハラアジサシらしき幼鳥を観察しました。その後、台風10号とともに、北海道にももっとすごい珍鳥が来るのではないかと期待していたのですが、今のところそうでもないようです。

鳥取・米子に珍客「アカガシラサギ」飛来

鳥取・米子に珍客「アカガシラサギ」飛来
https://www.sankei.com/west/news/190729/wst1907290005-n1.html
f:id:sueme:20190801164110j:plain

鳥取県米子市の米子水鳥公園は、山陰地方で見つかるのは珍しい渡り鳥の「アカガシラサギ」が飛来したと発表した。同公園への飛来は平成26年11月以来。(中略)アカガシラサギは体長約約45センチのサギ科の鳥で、夏に中国で繁殖し冬は東南アジアに南下して越冬する。冬羽は頭から首にかけて茶褐色だが、夏羽は赤褐色で胴体上面は青みがかった灰黒色の羽毛に覆われる。

アカガシラサギのニュースを5年ぶりぐらいに拾ってみます。米子でも平成26年以来だっていうんだから(あれ、いま平成なん年だっけ?)まあ珍しいんだろうな。カメラ爺さんたちわらわらと集まったんだろうか。実は見たこと無いんですが、生きてるうちに一度は夏羽の美しい姿を見てみたいもんですなあ。あと、ジャワアカガシラサギにも遭遇してえなあ。

真っ白なツバメのひな 小松で間もなく巣立ち

真っ白なツバメのひな 小松で間もなく巣立ち
https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190721/CK2019072102000051.html
f:id:sueme:20190727111456j:plain

真っ白な羽毛のツバメのひなが、小松市湯上町の写真スタジオ「那谷写真館たにでスタジオ」の軒下ですくすく成長している。(中略)北陸鳥類調査研究所代表取締役の○○さんは(中略)「紫外線に弱いため、生き残りにくいが、成鳥になる個体もいる」と話している。

約2年ぶりに白いツバメのニュースを拾いました。
過去のシロツバメニュース⇨白いツバメ の検索結果 - SuemeSublog
さてさて、このようなアルビノや白化個体のニュースは、専門家っぽい人たちによる「目立つので狙われやすく長生きできない」という言葉で締めくくるのがお決まりですが、私は以前から、本当だろうか、エビデンスはあるのだろうかと疑問を呈しています。それだと、もともと体が白い種が存在しないことになってしまいませんか? ところがこのニュースではまた新たな説が登場しています。曰く、「紫外線に弱いので生き残りにくい」。本当なのでしょうか。シマエナガちゃんも紫外線に弱いのでしょうか? 私もよくわかっていないまま、ただ疑問に思い続けているだけです。

『絶滅危惧種シマアオジ』 ~フィンランドでの地域絶滅が発表される~

絶滅危惧種シマアオジ』 ~フィンランドでの地域絶滅が発表される~
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000010.000039807&g=prt
f:id:sueme:20190517145203j:plain

2019年3月8日に発表されたフィンランド版のレッドデータブックで、シマアオジが絶滅種(地域絶滅種)として公式に発表されました。シマアオジは2007年を最後に、フィンランドでの繁殖が確認されていないためです。2018年度の繁殖期に日本野鳥の会が北海道で行なった調査では、1地域25つがいの繁殖しか確認されませんでした。フィンランドでも、日本でも、シマアオジの繁殖環境の顕著な悪化は認められていないことから、渡りの中継地や越冬地における捕獲や湿地の減少が、シマアオジの生息数減少に影響していると懸念されています。

この記事では言及していないが、以前報道されていた食用にするための中国での乱獲の影響はどうなんでしょう。

珍鳥オニカッコウ発見 喜界島

珍鳥オニカッコウ発見 喜界島
https://373news.com/_news/?storyid=105500
f:id:sueme:20190515120500j:plain

国内で確認例の少ない鳥「オニカッコウ」が喜界町で見つかった。(中略)ホトトギス科でインドから東南アジア、オーストラリアにかけて分布。全長約40センチ、雄はカラスのように全身が黒い。「コーエル」という高い独特の鳴き声が特徴だ。

なんだこれ! 初耳だぞ。またひとつ、鳥名を覚えた。

絶滅危惧種のヘラシギ、再び浙江に 世界で200羽の希少鳥類

絶滅危惧種のヘラシギ、再び浙江に 世界で200羽の希少鳥類
https://www.afpbb.com/articles/-/3222172
f:id:sueme:20190506204316j:plain

ヘラシギは渉禽(しょうきん)類で、世界で最も希少な鳥類の一種。ヘラ型のくちばしが特徴だ。統計によると、世界で確認されているヘラシギの数は約210~228羽程度で、個体数はジャイアントパンダよりもはるかに少ない。

これ、俺が知ったときは世界で1500だったべか、その後1000とか、500とかってだんだん減ってるって言われてきたけど、今世界で200ちょいだって? ほんとか? その割には、ツイッターでは「見た、見た」ってツイートやけに多くね? それともみんなおんなじ1羽を見て騒いでるのかな。

→参考:「ヘラシギ」が姿を消す前に絶滅が危惧される渡り鳥を守ろう
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5097001/

珍鳥「マダラチュウヒ」撮った!

珍鳥「マダラチュウヒ」撮った! 五島の○○さん「雄は初めて」
https://www.47news.jp/localnews/3523203.html
f:id:sueme:20190506203749j:plain

長崎県五島市福江島に、日本で見られるのはまれな旅鳥「マダラチュウヒ」の雄が飛来し、市内の愛鳥家が撮影に成功した。同市の鐙瀬ビジターセンターによると、島内では数年に1回観察されており、南方の越冬地から繁殖地に向かう途中とみられる。

まあ珍しい方かもしれんけど、おるやろ。ウソ、俺見たことないわ、うらやま。

珍鳥キガシラシトド飛来

珍鳥キガシラシトド飛来 県内8年ぶり2例目観察 薩摩川内・下甑
https://373news.com/_news/?storyid=104699
f:id:sueme:20190423082457j:plain

20日早朝、電線にノジコと一緒にとまる変わった鳥に気づき写真に収めた。

以前に松戸に現れたニュースを拾いましたが(こんなところにキガシラシトド 珍鳥、松戸で羽休め)、鹿児島県では8年ぶり2回目の観察だそうです。ノジコも地味だけどけっこう珍鳥だと思うのですが、発見された方の観察眼に感心します。

白いスズメ 磐田

白いスズメ 磐田の○○さん撮影
https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20190328/CK2019032802000018.html
f:id:sueme:20190331202247j:plain

磐田市川袋の会社員○○さんが、白い羽毛に覆われたスズメを自宅の庭で撮影した。色素の減少により羽毛が白化した白変種とみられ、全国的に珍しいという。

久しぶりの白雀ニュース。

掛川花鳥園のバードスタッフチーフ○○さんによると、突然変異のアルビノではなく、何らかの原因で色素が減少した白変種とみられる。

ここ、大事ね。アルビノと白変種の違い。

白い外観は目立つため、外敵に襲われたり仲間に入れてもらえなかったりして、成鳥にまでなるのは珍しいという。

これは個人的には疑問持ってる。白い個体は寿命が短いというデータはたぶんないんじゃないかな。個体数も少ないから出しようがないんだろうけど。エナガみたいな白い鳥だって絶滅していないんだし。

ちなみに過去の白スズメニュース。
全身まっ白でも…スズメ! アルビノではなく「突然変異の白変個体」 船橋 - SuemeSublog
福島で珍しい「白いスズメ」 - SuemeSublog
奈義で白いスズメ見つかる - SuemeSublog
白いスズメ:住宅街に“綿ぼうし”姿見せる 福岡・前原 - SuemeSublog
鳥ヲタ、白スズメのつがいをアントリム州で発見(英国) - SuemeSublog
美白スズメ 街の人気者(滋賀県) - SuemeSublog