SuemeSublog

Don't Feed Wild Animals !

迷い鳥?タカサゴクロサギ

迷い鳥?タカサゴクロサギが飛来 京都・木幡池
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180127000063
f:id:sueme:20180222130830j:plain

京都府宇治市木幡の木幡池に今冬、台湾や中国南部などに生息するタカサゴクロサギ1羽が飛来している。国内で確認されるのは珍しく、移動中にルートを外れた「迷鳥」とみられる。

いやあ、初耳ですね……
と最初書いたのだが、ログを検索したら2007年に沖縄に出たニュース拾ってた……
タカサゴクロサギ飛来 沖縄本島で確認4例目 - SuemeSublog

アメリカコガモ

新春に珍鳥発見、アメリカコガモ飛来 京都・長岡京
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180120000031
f:id:sueme:20180222130527j:plain

アメリカコガモコガモの亜種で、主に北アメリカ大陸に生息する。胸の白い縦線が特徴。

おおー、あるある、白線があるぞ。誰かペンキで塗ったんじゃないだろうな。

ヒレンジャクとキレンジャク

ヒレンジャクキレンジャク 函館に大群飛来 ナナカマドの実ついばむ
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0127/hkd_180127_8565988547.html
f:id:sueme:20180222125720j:plain

函館市内に野鳥のヒレンジャクキレンジャクの群れが訪れ、街路樹のナナカマドの実をついばんでいる。 尾の先端が赤色の個体がヒレンジャクで、黄色がキレンジャク。どちらもスズメ目レンジャク科で、頭部の冠羽が..

今年は札幌市内もすごかったなあ……

珍しい野鳥の姿(秦野市)

赤松の中にイスカはだの野鳥の会「初めての観察」

https://www.townnews.co.jp/0610/2018/02/16/419733.html
f:id:sueme:20180218152228j:plain

はだの野鳥の会の◯◯会長が2月5日、塔ノ岳へ登山中に野鳥イスカを観察した。イスカは神奈川県内で観察されることは稀で、40年間観察を続けている同会では初めての観察だったという。

秦野市ってどこにあんのかもなんて読むんかも知らんかったけど、ああ、そう、イスカ珍しんだ、神奈川県って、って感じ。まあオレもここ数年は本気で探してないないせいか見てないけどね。

問題は記事の後半だ。

モズが手乗り平沢の安藤さん宅の庭先で

f:id:sueme:20180218152543j:plain

モズは◯◯さんが家のそばで畑仕事をしていると近くの枝に留まって「チッチッチッチッ」と鳴く。◯◯さんはそんなモズを穏やかな表情で見つめ、土を耕し、掘り起こした土の中に虫やミミズを見つけると、それを手に乗せ「おーい」と呼ぶ。すると、モズは近くの枝から素早く飛んで来て、一瞬だけ指先に留まりミミズを咥えてさっと飛び去る。

おいおい、いいのか?
これって完全に自己満足目的の餌付けじゃん!

妻の◯◯さんは「心を許しているみたいで、羽根を振るわせてうちの人とお話しているの」と笑う。

勝手に擬人化すんな!
信頼関係なんて全く無いわ!
ただそこにエサがあるから来るだけだっちゅうの!

自然観察施設くずはの家の◯◯さんは「野生のモズが人の手に乗り餌をもらうのはとても珍しい。鳥を自然にあるがまま親しもうと日本野鳥の会を創始した中西悟堂さんの言葉に通じるものがある」と話した。

なんで餌付けして手乗りにすることが「鳥を自然にあるがまま親しもう」に通じるん?
完全に矛盾してる苦し紛れのコメントやんか!
こんなんニュースにして載せるなや!
腐っとるわ

野生生物の餌付け 本能奪い自然破壊にも

野生生物の餌付け 本能奪い自然破壊にも
野生生物の餌付け 本能奪い自然破壊にも|視点オピニオン|上毛新聞ニュース

日本各地にあるハクチョウの越冬地のほとんどでは、人の都合による餌付けが行われている。しかし、餌付けをしなくても自然の中で採餌をする光景を見られる所もある。野生のハクチョウなどに餌付けをすることは、本来持っている野生の本能を奪うことになり、自然環境破壊につながる可能性がある。給餌によるパンくずや古米などの食べ残しに加え、ハクチョウや数千羽のカモのふん尿で河川や沼の汚染につながっている。

いまどきまだやってるとこあんのか。
まさか瓢湖はもうやってないよね。

しかし、多くの越冬地では、人の手による給餌が行われている。最近では観光目的に穀類やパンくずなどが大量にまかれている。多々良沼も例外ではない。その餌を求めて千羽を超すカモの群れなどが押し寄せる。その餌を横取りしようとするカラスの群れ、カモを狙うオオタカ(これは自然界の食物連鎖で当たり前のこと)、オオタカを撮影しようとする多くのカメラマンが集まる。それもこれもすべてが人の都合でやっている給餌のためだ。

鳥カメラマン絶滅すればいいのに。

トモエガモ

絶滅危惧種トモエガモ、姫路の貯水池に一時飛来
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201801/0010903118.shtml
f:id:sueme:20180212143530j:plain

絶滅危惧種の冬鳥トモエガモがこのほど、兵庫県姫路市太市中の桜山貯水池に一時飛来した。越冬のための渡りの途中とみられ、雄の顔は渦を巻くともえ模様が特徴。オシドリミコアイサなどの水鳥とともに、冬の装いを競うように水面で揺れていた。

しばらく見てねえなあ。おいしそー
一日でいなくなってよかったあ。
鳥亀爺の餌食になっちゃうからなあ。

珍鳥「イナバヒタキ」

珍鳥「イナバヒタキ」 福部の海岸で
http://www.nnn.co.jp/news/171017/20171017055.html

中国北部や中央アジアなどで繁殖し、アフリカやインドなどで越冬するツグミ科の「イナバヒタキ」とみられる野鳥が9月下旬に、鳥取市福部町の海岸で羽を休めている姿を、同市雲山の無職、◯◯さん(72)が撮影した。

イナバヒタキ、イナバヒタキ、なんとなく聞いたことあるぞお、これはきっと過去に珍鳥ニュース拾っているに違いない。
→と思ったが、なかった。きっとさっきのヒメクイナ、サバクヒタキ - SuemeSublogのサバクヒタキがなんとなく記憶に残ってたんだな。
しっかし、札幌市内の爺さん婆さんたちも負けてないっす。ブログ見てたら、札幌にもこんなに珍鳥出てんのかいって怒りたくなくぐらい珍鳥撮りまくってるわ。ほんと、無職の爺婆には勝てんっすって。

アメリカコアジサシ コアジサシ 交雑ひな初確認

【茨城新聞】アメリカコアジサシ コアジサシ 交雑ひな初確認

神栖市で2014年に国内渡来が初確認されたアメリカコアジサシと、絶滅危惧種でもあるコアジサシの交雑ひなの誕生が同市波崎の営巣地で確認された。

これ、コアジサシとアメリカコアジサシの鑑別自体が難しいのに、その交雑だなんて、なんでそんなこと分かるの?って最初思ったんだけど、アメリカコアジサシは2014年の初飛来以来、個体識別されてんっすね。
アメリカコアジサシが日本で初めて「鳥類標識調査」で確認されました | 山階鳥類研究所広報ブログ

環境省の許可を得て捕獲調査を行い、ひな2羽と親鳥2羽に標識リングを装着し、放鳥した。いずれも8月ごろに日本から飛び立ち、アメリカコアジサシの故郷・北米に向かったか、コアジサシが飛来するオーストラリア方面に飛んだとみられるという。

さーて、パパとママと、どっちの実家に帰ったんっすっかね?

貴重な野鳥、湖岸に飛来 鉾田・北浦 珍鳥ヒメクイナも

【茨城新聞】貴重な野鳥、湖岸に飛来 鉾田・北浦

環境保護団体「北浦周辺の自然再生を進める会」の〇〇さんが、鉾田市の北浦湖岸周辺で、人前にほとんど姿を見せない珍鳥「ヒメクイナ」の写真撮影に成功した。

ヒクイナのニュースなら、「低いな」のダジャレを添えて何回か拾ってる記憶があるんだけど、ヒメクイナなんて今までニュースあったろうか?

→あった。
ヒメクイナ、サバクヒタキ - SuemeSublog

つーか、去年の今頃じゃん。たった一年前なのに、全然記憶にないもんなあ。いやんなっちゃうなあ、もう。

世界的希少種ヘラシギが飛来 鳥取・米子

www.sankei.com

世界の生息数500羽以下といわれる希少な渡り鳥の小型シギ「ヘラシギ」が14日、鳥取県米子市日本海沿岸に飛来した。秋の渡りで、越冬地のミャンマーなどに向かう途中に立ち寄ったらしい。

実を言うと、石狩にも来ているようです。ほんとに500羽以下なのだろうか?