SuemeSublog

Don't Feed Wild Animals !

手に乗りえさ食べる野鳥が人気

手に乗りえさ食べる野鳥が人気 豊岡の喫茶店 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008833200.shtml 兵庫県豊岡市の喫茶店で、手のひらのピーナツを食べに飛んでくる野鳥のヤマガラが話題となっている。多いときは5、6羽が近くの木に集まり、順番…

アトリの大群

冬鳥「アトリ」の大群が飛来 鹿沼 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160213/2233463 鹿沼市南部の奈佐原町や大和田町で冬鳥「アトリ」の大群が飛来し、田んぼで餌をついばんでいる。12日にも、群れとなった鳥影が竜巻のようにも見え、偶…

絶滅危惧種のコマホオジロ、70余年ぶりに確認―北京市

絶滅危惧種のコマホオジロ、70余年ぶりに確認―北京市 http://www.recordchina.co.jp/a128446.html 2016年2月4日、中国・北京市で先月、絶滅危惧種のコマホオジロが70余年ぶりに確認された。京華時報が伝えた。 コマホオジロはかつて、ロシア、北朝鮮、モンゴ…

ニシオジロビタキ

数年に1羽飛来の珍鳥 加東で2年連続確認 http://www.kobe-np.co.jp/news/hokuban/201601/0008721849.shtml ユーラシア大陸から日本へ、数年に1羽程度しか飛来が確認されない渡り鳥ニシオジロビタキの雄1羽が県立播磨中央公園(兵庫県加東市下滝野)内で…

珍客白いカルガモ発見

珍客白いカルガモ発見 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20151209222461.html 数多くの白鳥が飛来することで知られる柏崎市西山町の長嶺大池で、珍しい白いカルガモが発見され話題になっている。近くの住民が見つけ、市に連絡した。9日に確認した…

滋賀県長浜のオオワシ

越冬オオワシ、羽休め 長浜に飛来 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015120902000077.html 国の天然記念物オオワシが八日、ロシアから越冬のため滋賀県長浜市の山本山に今季初めて飛来した。(中略)オオワシは一九九一年から毎年飛来し、今…

巨大マガモ

巨大マガモ http://www.the-miyanichi.co.jp/horou/_15998.html 宮崎市◯◯町の◯◯さんは、体長73センチ、重さ2・3キロの鳥を同市糸原の大淀川沿いで撃ち落とした。雄のマガモとみられるが「狩猟歴40年だが、こんな大きさは初めて」と驚く。 なにこれ!で…

4年ぶりに飛んできた 邑知潟にサカツラガン

4年ぶりに飛んできた 邑知潟にサカツラガン http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20151107/CK2015110702000043.html 邑知潟はコハクチョウの越冬地として知られ、現在は600羽が確認されている。サカツラガンはコハクチョウの群れの中で餌をつい…

カモ:頭部に矢 兵庫で保護

カモ:頭部に矢 兵庫で保護 http://mainichi.jp/shimen/news/20151030ddm041040168000c.html 市によると、28日午後3時半ごろ、「矢の刺さったカモとガンの2羽が泳いでいる」と通報があり、職員が駆け付けたところ、矢(長さ約10センチ)が頭部を貫通し…

ミヤマホオジロ:隠岐で繁殖確認 国内3例目

ミヤマホオジロ:隠岐で繁殖確認 国内3例目 http://mainichi.jp/area/tottori/news/20151007ddlk31040569000c.html 中国東北部や朝鮮半島で繁殖し、日本で越冬する野鳥「ミヤマホオジロ」が島根県の隠岐諸島で繁殖していることが環境省の委託調査で分かった…

ムラサキサギ飛来 米子・水鳥公園に13年ぶり

ムラサキサギ飛来 米子・水鳥公園に13年ぶり http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=555196179 ムラサキサギ:米子に珍客、飛来 /鳥取 http://mainichi.jp/area/tottori/news/20151003ddlk31040643000c.html 鳥取県米子市彦…

ハクチョウの餌付け始まる

ハクチョウの餌付け始まる 阿賀野・瓢湖 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20151007209800.html 1日にハクチョウが飛来した阿賀野市の瓢湖で、今シーズンの餌付けが4日に始まった。鳥を呼び寄せる独特の「こーい、こい、こーい」の掛け声が秋…

高浜の上空飛ぶ白いトビが話題に

高浜の上空飛ぶ白いトビが話題に 突然変異で色素抜けたか幼鳥か http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/79311.html 福井県高浜町内浦地区で、突然変異でメラニン色素が抜けたとみられる白っぽいトビが飛んでいる姿が見られ、住民らの話題になって…

ハトかと思いきや…白いカラス!

ハトかと思いきや…白いカラス!/三豊で話題に http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20150710000206 日本鳥類保護連盟専門委員の岡さんによると、このカラスはハシボソガラス。カラスの生態に詳しい宇都宮大農学部の杉田教授は、色素を作る遺…

アカショウビン保護 「火の鳥」とも呼ばれる渡り鳥

珍鳥 アカショウビン保護 「火の鳥」とも呼ばれる渡り鳥 http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150926/CK2015092602000129.html 赤く太いくちばしと、赤みがかった全身から「火の鳥」とも呼ばれる夏の渡り鳥アカショウビンが、川崎市中原区の馬場総…

石垣島に続々渡り鳥が飛来 国内数例のカタグロトビも

石垣島に続々渡り鳥が飛来 国内数例のカタグロトビも https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=134280 「石垣島フィールドガイドSeaBeans」の小林さんは3日にイワミセキレイを観察、その後に複数羽の渡来を確認した。5日にはヤツガシラとハ…

住宅街のチゴハヤブサ2

"住宅街のチゴハヤブサ2"と、"2"をつけましたけど、"1"はどこじゃっていうと、それは今を遡ることおよそ1年前の記事です→住宅街のチゴハヤブサ(2014.09.03)。 自宅のすぐそばのハシボソガラスの古巣を利用していたチゴハヤブサの話で、"来年はもう少し…

ハチクマ

今年もタカの渡りを見せてもらいに行きました。タカの渡りを見に行くようになって5年ぐらい経つのですが、年1回ぐらいだと、写真も鑑別同定もさっぱり上達せず、いつまでも初心者のままです。2010年、2011年の過去ログを見なおしても、なんかあんまし記憶に…

大嫌いなキジバト

僕はキジバトが嫌いなのでほとんど写真に撮りません。 どうして嫌いなのかとよく聞かれるのですが、嫌いなものは嫌いなので答えようがありません。でも、とにかく嫌いだと言われても、言われたほうのキジバトにしてみたら、いったいどのように対応したらよい…

真っ白なカラス見つかる 香川

真っ白なカラス見つかる 香川 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150709/k10010144941000.html 日本野鳥の会香川県支部によりますと、この白いカラスは額が平たい形をしていることやくちばしが細長いことから「ハシボソガラス」とみられ、突然変異で色素が…

自転車のかごでセキレイ育つ

自転車のかごでセキレイ育つ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201507/20150709_13037.html 仙台大志高(仙台市宮城野区)の駐輪場付近。放置されていた自転車のかごの中に巣ができているのを、校長が6月中旬に見つけた。 セキレイは車が好きシリーズ。→…

珍鳥アネハヅルを見たい 鳥亀爺が八頭町に殺到

珍鳥アネハヅルを見たい 愛好家が八頭町に殺到 http://www.nnn.co.jp/news/150707/20150707008.html アネハヅルが日本に姿を現すことは珍しく、5日付の本紙報道で知った野鳥愛好家らが続々と訪れている。愛好家らは、水田やあぜ道など私有地には入らない▽鳥…

私の名は……

ニホンライチョウ 上野動物園でも5羽誕生 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150628/k10010130551000.html 環境省が取り組んでいる国の特別天然記念物、ニホンライチョウの人工飼育で27日初めて、富山県の施設でひながかえったのに続き、東京の上野動物…

シラサギって鳥なんかいないってことが気になって内容が頭に入らないニュース

シラサギに矢? 体貫通したまま飛ぶ 大分、捕獲は難航 http://www.asahi.com/articles/ASH6Y40X6H6YTPJB005.html 胴体に矢のようなものが貫通しているシラサギが29日、大分市郊外で見つかった。保護して治療するため大分県の職員が網で捕獲を試みているが…

全身まっ白でも…スズメ! アルビノではなく「突然変異の白変個体」 船橋

全身まっ白でも…スズメ! アルビノではなく「突然変異の白変個体」 船橋 http://www.chibanippo.co.jp/news/local/262313 全身白色なのにスズメ!?-。船橋市の◯◯さんが今年5月、市内の田んぼで全身白色の鳥の撮影に成功し、「バードウオッチングを趣味に…

福島で珍しい「白いスズメ」

福島で珍しい「白いスズメ」 突然変異、羽の色素抜ける http://www.minyu-net.com/news/topic/150626/topic1.html 福島市春日町の県文化センター中庭で白いスズメが見つかり、話題になっている。群れに交じって、餌をついばんだり、飛び回ったりしている。 …

お母さんガモ寂しそう…ヒナ5羽が行方不明

お母さんガモ寂しそう…ヒナ5羽が行方不明 http://www.yomiuri.co.jp/national/20150624-OYT1T50001.html 池には昨年からカルガモのつがいが住み着き、22日までは9羽のヒナが元気に泳ぐ姿が確認されていた。だが、23日朝、5羽がいなくなってしまったと…

アカゲラのエサ

これってハサミムシなのかな? よくみると二匹捕まってる。器用だなーところで、カラパイアのこれはなかなかおもしろい!→自動車衝突レベルの衝撃だった。キツツキが木をつつく瞬間をスローモーションで : カラパイア

コアジサシヒナ:都会ですくすく 東京・大田

コアジサシヒナ:都会ですくすく 東京・大田 http://mainichi.jp/select/news/20150616k0000e040181000c.html 東京都大田区にある下水処理施設「森ケ崎水再生センター」屋上で、コアジサシのヒナが次々にふ化し、綿毛に包まれた可愛らしい姿を見せている。親…

外敵の脅威 カルガモひな12羽から3羽に

外敵の脅威 カルガモひな12羽から3羽に 桐生 http://www.jomo-news.co.jp/ns/1514339500346478/news.html 今月5日に12羽のひなが確認されたが、カラスや池にいるミシシッピアカミミガメ(別名ミドリガメ)に襲われたとみられ、10日午後1時半の時点でひな…

札幌市内クマゲララッシュ

クマゲラは鳴声はたまに聞いたことがありましたが、これまでまともに見たことがありませんでした。今年は、円山動物園内の通路に営巣しようとしているつがいがローカルに話題になり、待ってれば必ず見れるという話だったので僕も一度行ってしばらく待ったの…

全国18か所の『ツバメのねぐらマップ』、 日本野鳥の会より6月10日から無料配布!

全国18か所の『ツバメのねぐらマップ』、 日本野鳥の会より6月10日から無料配布! https://www.atpress.ne.jp/news/62829 公益財団法人 日本野鳥の会(本部:東京都品川区、会長:柳生 博)は、全国18か所のツバメのねぐらを紹介したパンフレット『ツバメのね…

シマアオジ、「中国の食習慣」で絶滅の危機に

シマアオジ、「中国の食習慣」で絶滅の危機に 論文 http://www.afpbb.com/articles/-/3051202 かつて欧州やアジア地域で最も個体数が多い鳥の一種だったシマアオジが絶滅の危機に瀕している理由は、中国で食用に捕獲され続けたためだとする論文が9日、国際学…

子育て意欲満々 糸満でサンコウチョウ営巣

子育て意欲満々 糸満でサンコウチョウ営巣 https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=119091 夏鳥のサンコウチョウが、糸満市内の雑木林で営巣している。巣立ち間近のヒナ4羽が8日、くちばしを広げてエサをねだり、親鳥がクモやガなどをせっせと運ん…

“籠ツバメ”すくすく 巣落下を住人の優しさで乗り越え

“籠ツバメ”すくすく 巣落下を住人の優しさで乗り越え たつの http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201506/0008107791.shtml 巣が長屋門の梁から約2・5メートル下の地面に落ちているのを妻の◯◯さんが発見。長男の妻の△△さんと一緒に移殖ごてを使って、巣…

黄色いカルガモのひな、親子ですいすい 松山

黄色いカルガモのひな、親子ですいすい 松山 http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150529/news20150529665.html 愛媛県松山市南吉田町の洗地川で、カルガモ親子が仲むつまじい姿をみせている。ひな4羽のうち1羽は珍しい黄色の毛並みで、住民の間で話題…

太り過ぎ?置いてきぼりの渡り鳥 兵庫・三田の池

太り過ぎ?置いてきぼりの渡り鳥 兵庫・三田の池 https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201505/0008059126.shtml 池のほとりに記者が立つと、カモがこちらに泳いでくる。約15メートルまで近づいた所でくるりと向きを変え、離れていった。「この人は餌を…

希少な白いスズメ、オーストラリアで発見

希少な白いスズメ、オーストラリアで発見 http://news.livedoor.com/article/detail/10152675/ オーストラリア・メルボルン近郊で、希少なアルビノ(先天性色素欠乏症)のスズメが見つかり、鳥類学者たちを沸き立たせている。 純白のスズメは世界でもまれに…

赤ちゃんピンチ10羽→2羽 向島百花園のカルガモ

赤ちゃんピンチ10羽→2羽 向島百花園のカルガモ http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150526/CK2015052602000110.html 閉園後にカラスやアオサギに食べられたり、ネコに捕まってどこかに連れて行かれたりしているようだ まあ自然界ではカモ類はどち…

マガモのくちばしに釣り針

マガモのくちばしに釣り針、捕獲試みるも失敗 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2497474.html 口ばしの近くに大きな針金のような釣り針が刺さったマガモ。山梨県甲府市の千代田湖で21日に撮影された映像です。このマガモを治療するため、山梨県鳥…

珍鳥ヘラサギ、北海道・濤沸湖に飛来

珍鳥ヘラサギ、北海道・濤沸湖に飛来 平たいくちばし特徴 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0136492.html 国内では冬鳥として九州に少数飛来するが、道内での観察はまれ。濤沸湖では、1990年代と2007年に記録が残っている。 おお、北海…

鳥の巣、自転車かごに(キセキレイ)

鳥の巣、自転車かごに http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20150515/CK2015051502000028.html 日本野鳥の会三重の担当者は「自転車がしばらく動かされなかったため、安全な場所と判断したのではないか」と話す。順調なら約三週間で、親鳥と同じくらいの…

コウノトリが電柱で巣作り

コウノトリが電柱で巣作り http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0515/jjp_150515_3646991746.html 徳島県鳴門市で兵庫県から飛来した特別天然記念物のコウノトリのつがいが、電柱の上で巣作りに奮闘している。台風が接近した12日に強風で巣を飛ばされたの…

珍鳥ヤツガシラ、小山に飛来 主婦が撮影

珍鳥ヤツガシラ、小山に飛来 主婦が撮影 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20150510/1955284 夫の農業一男さんが同日午前11時前、自宅脇の離れに入ったところ、網戸と二重サッシの隙間にいた体長約25センチのヤツガシラを発見。偶然、近く…

“珍鳥”飛来 アカアシチョウゲンボウ

【長崎】“珍鳥”飛来 アカアシチョウゲンボウ http://www.nishinippon.co.jp/nlp/animal_news/article/167735 国内で観察されるのは珍しいハヤブサの仲間、アカアシチョウゲンボウが五島市に飛来し、愛鳥家たちが双眼鏡やカメラで姿を追っている。 10日前の記…

白いツバメ

白いツバメ http://www.the-miyanichi.co.jp/horou/_12365.html http://www.news24.jp/articles/2015/05/14/07275028.html 綾町北俣の◯◯さん方で、白いツバメがすくすく育っている。自宅倉庫のはりにできた巣で今月上旬に産まれた4羽のうちの1羽で、体長は…

誰かマガモ食ったな?

散策中にやや大きな鳥一羽分の羽が散乱しているのを見つけた。茶色の紋様の大きめの羽と、細かな羽は灰色の縞模様。骨や肉片は無し。それだけ時間が経っているのだろうか。最初はジシギの類かな?と思っていたのだが(マガモのオスなら頭の緑の羽があるはず…

絶滅危惧種のヒクイナ 明石川に飛来

絶滅危惧種のヒクイナ 明石川に飛来、男性が撮影 http://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201505/0007994470.shtml おお、意外に背が低いな! とつぶやくのもこれで三回目である。そして、二回目のときと撮影したのが同じ人だったよ→独特な鳴き声 明石川に珍…

子育て真っ最中 絶滅危惧のオオトラツグミ

みどりの日:奄美の宝 子育て真っ最中 絶滅危惧のオオトラツグミ http://mainichi.jp/feature/news/20150503mog00m040010000c.html オオトラツグミは、奄美大島だけにしか生息せず、その数は800〜2000羽と推定される。 素晴らしい写真っすな。しっかし…

わんわん